風俗嬢は筋肉質

エスパーじゃないんですしね

さすがにどれだけ優秀な風俗嬢でも、エスパーではないんですよ(笑)何を言っているんだと思われるかもしれないんですけど、風俗嬢は相手へのテクニックに関してはプロでしょうけど、相手が何を考えているのかを見透かすのは簡単ではないんです。何が言いたいのかというと、黙っていても相手なら分かってくれるだろうという気持ちを持つのはナンセンスってことですね。相手には伝なければ伝わらないと思うんですよね。これはもう当たり前というか、そりゃそうだろうって話ですけど、風俗ではなぜかあまり女の子とのコミュニケーションを疎かにしつつも、最高の快感を求めるって人が多いみたいですが、それは正直、お客のエゴが過ぎるんじゃないかなと。別にいい子ぶっている訳じゃないんですけど、自分は少なくとも何をしてもらいたいのかや、どういったことが気持ち良いのかは相手に伝えるようにします。そして伝えればしっかりと実践してくれるので、毎回風俗では満足ですよ。

真面目な話、勉強です

風俗は勉強になる部分もあると思うんですよね。女性心理とか、若者心理とか。これは割と真面目な話なんですよ。でも、抜いてもらいたい気持ちもあるので、抜いてくれるし話も出来るしで、風俗は一石二鳥だなって思うんですよ(笑)むしろそれが風俗の醍醐味でもあるんじゃないですかね。何気にいろいろな形で楽しめるのが風俗の良さだと思うんですけど、こうして勉強的な側面があるのもまた、風俗の良さの一つでもあるんじゃないですかね。自分がこう思うのは、自分が自営業者でもあるからです。飲食店を経営しているので、若い女の子がどういった気持ちなのかを把握するのは大切じゃないですか。だから風俗は自分にとっては快感を得るってだけじゃなく、市場調査的な意味合いも含まれているものなんですよ(笑)女の子がどんな飲食店なら入りたいのかは必ず聞きますしね。その上で、女の子に抜いてもらって満足する。まさに一石二鳥と言っても過言ではないですよね。