風俗嬢は筋肉質

自分も違いが分かるようになってきた

違いの分かる男になってきたような気がしますね。それまで風俗嬢は誰でも同じだろうって思っていたんです。細かい部分だけを挙げたら違うでしょうけど、でも実際にはそうでもないというか(笑)正直「誰を選んでもほぼ同じだろう」と思っていたんですよ。でもそうじゃないってことに気付くようになってきたんです。まず、女の子によって決定的に違うことに気付いたんです。それは自分の気持ちです(笑)どの風俗嬢にするのかによって、こっちの気持ちがまず違うってことに何となく気付いてきたんですよね。乗れるかどうかと言うか、やっぱり好みだったり自分が良いなって思った風俗嬢との時間は、自分でもテンションが高いですし、のめり込むというかモチベーションも高いんですよ。でもそうじゃないケースもあるんですよね。だからむしろそちらの方が重要なんじゃないかなと思うようになってきたんですよ。どんな気持ちになるのか。これもまた、とても大切だと思いますし。

趣味からライフワークへ

もはや風俗は趣味と言う枠を超えて、ライフワークそのものと言っても決して過言ではないものになったような気がするんですよね。それくらい、自分の中で風俗の存在感は大きいんです。なぜなら、風俗はいろんなことを楽しめるじゃないですか。それでいて、楽しもうと思えば思うほどに、いろいろなことがあるんです。だから自分も気付いたら風俗にハマっていたってことなんですよね。そもそも、別に初めからハマろうとか思っていた訳じゃないんです。気付いたらこうなっていたって言うのが実情ですけど、でもだからこそ長続きしているんでしょうね。きっと初めから風俗とは長い付き合いにしようって思っていたら、ここまでにはなっていなかったんじゃないかなって思いますけどね。それに、風俗の良さは快感はもちろんなんですけど、利用すればするほど、自分でも新しいことに気付いたりするんです。新しい女の子もどんどん入りますし、ライフワークそのものですよ。